フッ素について

フッ素を上手に使って虫歯予防!

むし歯を予防するには、きちんとした歯磨き、じょうずな甘味のとり方、フッ素の応用の3つの力が効果です。

フッ素の具体的な効果は、
1.プラーク(歯垢)をつくる酸の量を抑えます。
2.歯の再石灰化を促進します。歯は虫歯菌の出す酸によって表面が脱灰し、虫歯になります。フッ素の効果により、脱灰した歯の表面は、修復される事があります。
3.フッ素は再石灰化作用を速め、強化する働きがあると言われています。つまり、歯を強くしてくれるのです。

 フッ素によるむし歯予防は、乳歯や生えたばかりのやわらかい永久歯に特に効果的です。
フッ素の塗布は専門家である歯科医師や衛生士が行いますが、子供の頃は次々と新しい永久歯が生えてくるので定期的に年3〜4回塗るのが適当です。

 また、加齢とともに唾液量が少なくなりむし歯になりやすくなるため一生フッ素を有効活用してもらいたいものです。フッ素を日々うまく利用し、歯を強くし、一生自分の歯で食べられるよう心がけてみましょう。


トップへ戻る


加藤歯科医院に
↓今すぐ相談する ↓
048-543-6600
メールで相談


Copyright(c)2007
Kato Dental Clinic
All rights reserved.
AX